永久脱毛のホントのところ

施術と痛み

男性の脱毛というものも理解されるような時代になってきました。
ひげが濃くて悩んでいる人や、体毛で悩んでいる人は、脱毛ということを考えてみるのも方法です。
ですが、男性であるがゆえに、脱毛ということに対しての知識が少なく、いったいどんなことをするのか、痛みはどれぐらいか、永久に持つのかなど、多くの疑問があるでしょう。

単純に考えれば、永久脱毛と呼ばれているのなら、永久に持つものだと考えるはずです。
脱毛とは、毛根から除去する方法で、徐々に毛根を衰えさせていくことを主眼としています。
結果として、ほぼ生えなくなってくるか、とても細い産毛のようにしていくことを狙っていくのです。

一般的に永久脱毛といっても、1回で永久に生えてこないようにできるかどうかは、施術によります。
ニードル脱毛のような、直接毛根に働きかける方法であれば、永久性を保つことができますが、強烈な痛みを伴ってしまうのです。
現在行っているところも少ないため、この方法を選択することはないでしょう。

そのため、永久に脱毛するというよりも、ほぼわからない状態にするまでには、時間がかかってしまいます。
単純な比較ですが、効果を求めるのであれば、それ相応の傷みが発生してしまうのです。

脱毛にもいろいろな種類がある

永久脱毛と呼ばれるものの中には、いくつもの方法が存在します。
効果と痛みの比例でもあるとは言えますが、ニードル脱毛はほとんど姿をけし、代わりに出てきているのがレーザー脱毛やフラッシュ脱毛なのです。

この二つは、そこまでの痛みはありません。
ただし、場所によっては皮膚が薄いため、強い痛みが出てくることもあります。
それでも、ニードル脱毛とは違い、耐えられないほどつらいということはありません。

効果的には、いきなり永久脱毛できるほどではなく、毛周期に合わせて何度も繰り返していくことになります。
その代わりに、肌への負担も少なく、広範囲の脱毛をすることができるのです。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、使われる機材や光の種類は違いますが、基本的な考え方は同じといえます。
ですが、レーザー脱毛機は医療機械であるため、脱毛サロンでは出力制限を掛けなければ使用することができません。
効果を高めるのであれば、出力も上げなければいけないため、高い効果を期待するのであれば、医療機関で施術してもらうことになるのです。

脱毛をするということは、何かしら肌にも負担がかかりますので、医療機関であれば、その場に医師がいることから適切な医療対処もしてもらうことができます。
それだけ安心感もありますので、脱毛サロンとかでは不安があるときにも、医療機関の利用を考えておくといいでしょう。